出会いの場もリアルワールドでは段々少なくなり

本来、人と人との「出会い」といったものは簡単に毎日のようにあるはずです。もちろん異性との出会いも、本当は世の中にいる女性と男性の数を考えたら一人につき一人の異性とペアになれる確率は高いはずです。あくまでも男女の人数のことのみを考えた場合ですが。そして物理的には皆すぐそばに異性がいたりするものです。通行人としても、仕事仲間としても、クラスメイトとしても、隣人としても、です。しかしながら「物理的」なものと「精神的」なものとは分離されているものなので、後者の方がなかなか複雑化しているのが現代社会といったものです。いくら東京のような人口密度が高い場所でも、物理的に人はたくさんいても精神的な距離が昔より一層遠くなっているため、なかなか知らない人同士がそう簡単に言葉を交わしたり関係を深めることはありません。昔の方がありましたね。今はネットがやたらと発達していて皆遠くにいる知らない人と通信をしたりします。しかしながらそれと同時に目の前にいる人とは挨拶すらしません。少し切ない現状ではありますが、こういった中出会い系サイトに頼る人が増えていることは決して不思議ではないと思ってしまいます。