マッチングアプリで出会った年下くん

マッチングアプリは出会いの宝庫です。近所でサクッと出会えた嘘のような本当の実話もたくさんあります。
かれこれ数年、マッチングアプリを利用しており、いろんな方と出会ってきました。
同年代や年上の人が多いですが、一人だけ年下の男性と会ったことがあります。
あれは20代前半だったころのことです。
何度かやり取りを重ね、ようやく会おうということになりました。
彼とは買い物や映画、夜景を楽しみました。
特に不満はなかったのですが、年下ということもあり、それほど積極的ではなく、初回でも割り勘だったこともあり次誘われたらもう一度会うけど、誘われなかったら会わなくていいかというくらいの結果でした。
結局、誘われることもなく、こちらからも誘わなかったので疎遠になっていきました。
ところが、初めて会った日から一年くらい経ち、突然彼から連絡が来ました。
内容は「お願いしたいことがある」というものでした。
結構真剣なトーンだったので、年上としてもアドバイスできればと思い、返信をしました。
するとそのお願いというのが「童貞を捨てさせてほしい」とのことでした。
彼曰く、彼の周りには経験者ばかりで、早く自分も卒業してその仲間に入りたいと言っていました。
そんなことを一回会っただけの自分に言ってきたことにも驚きましたが、こんな相談をされたのは初めてだったので最初は面白半分に返していました。
でも彼としてはやはり真剣なので、「私は好きな人以外とはできないから、どうしても卒業したいならお店に行けば?」とアドバイスをしました。
しかし、彼はお店は恥ずかしいからと嫌がりました。
気持ちは分かりますが、こうやってお願いしている次点でもう恥ずかしい状況になっているとは思ってはいないようでした。
そして、思いのほか食下がるので本当に拒否をすると連絡はなくなりました。
年を取って思い返すと、とても失礼な対応をされていたのだと思います。
あれから年下とは恋愛はしたくないと思うようになりました。
ちなみに、その後の彼はというと、彼にその連絡から1年後にこちらから連絡してみると「まだ卒業できていない」と返ってきました。
あまり積極的ではないですし、童貞ということに意識し過ぎるあまり卒業できていないのだと思います。
まず彼には本当に好きな人を見つけてほしいです。