就職の焦りからプログラマーになったものの

工業系の大学に進学し、土木を専攻して、就活をしたくなくて大学院まで進学したのに、何を思ったか、プログラマーとして就職してしまいました。

大学の講義で、一番苦手だったのはプログラミングの授業でした。課題を提出するのにミスを連発し、辟易した経験があるのに、プログラマーになってしまいました。

今の会社に魅力を感じたのは間違いではないのですが、この職種を選んだのは本当に間違いでした。

ほぼ一から学ぶというところから、そろそろ10年経ちます。なんとか仕事はこなせるようになったものの、やはり勤務体制がしんどいのです。

転職をしたいと思いつつも、もう30代後半だし、再就職も難しいだろうし、でも今転職しなければ、年齢的にどんどん難しくなるだろうしと、毎日葛藤しています。

そもそも、就職しなければという焦りから、大学で学んだこととかけ離れた職種に就き、今までよくやってきたなと思いますが、そろそろ本気で転職活動を始めようかなと思い始めました。