朝はコーヒーがないと始まらない

私が好きなものとして、なんといってもコーヒーがあります。
それは香りがなんともたまりません。
そのコーヒーの香りを嗅ぐことにより、朝が来たと思うことができるのです。
その香りで、目覚めることが出来るといっても過言ではないほど大好きな香りです。

そして一日に大体、10杯ぐらいは飲んでいるんですね。
それはなんといっても、頭をしゃきっとさせることが目的となっています。
何となく疲れて来たと思った時に、それを飲むことによりスッキリするんですね。
そのため、こんなに飲んでもいいのかと思うこともありますがやっぱり飲まないと仕事をすることになりません。

そして気をつけることとしては、やっぱり寝る前に飲んでしまうと寝ることができなくなることです。
それは困ってしまいますね。
睡眠不足になることが何度もあったので、寝る3時間前は遠慮することにしています。
しかし休日前は、たっぷり飲んでよる遅くまでその時間を楽しんでいます。