ホーム > カウンセリング&心理療法 > カウンセリングについて

日本心理療法士協会のカウンセリング

誰でも、ストレスを感じたり、自分の思いを誰かに話したい気持ちになることがあります。そんなときは、ひとりで悩みを抱え込むより、プロのカウンセラーに自分の悩みを相談するのも一つの解決方法となります。
「カウンセリングってどんなものだろう?」 「カウンセリングなんて受けたことないから不安」 「どこに申し込めばカウンセリングを受けられるの?」 など、さまざまな疑問を抱かれる人も多いのではないでしょうか。
日本心理療法士協会には、心温かいカウンセリング経験豊富なベテランのカウンセラーが所属しています。あなたにあったカウンセラーをご紹介します。もちろん、相談内容については守秘義務を厳守致しますので、ご安心ください。
イメージ

さまざまなカウンセリング

傾聴カウンセリング(一般的な心理カウンセリング)

個人カウンセリング グループカウンセリング

心理カウンセラーが親身になってクライエントの話に耳を傾けることから「傾聴カウンセリング」といいます。クライエント自身が気づいていない気持ち、欲求などに光をあてていき、問題解決をはかります。

詳しくはこちら

交流分析カウンセリング

個人カウンセリング

人は幼少時の体験に基づいた「人生脚本」をもっています。人間関係のこじれや人生の様々な躓きには人生脚本が影響しています。輝かしい人生を送るために、カウンセラーと一緒に人生脚本を幸せに導くものに書き直していきます。

詳しくはこちら


ゲシュタルト療法

個人カウンセリング

日ごろ抑えて付けている「感情」を体験するワーク、夢のワーク、未完の課題の完結させるワークなどの心理的ワークを中心として、あるがままの自分に気づいていきます。交流分析カウンセリングとあわせるとより効果的です。

詳しくはこちら

アートセラピー

個人カウンセリング グループカウンセリング

自由に色を塗ったり、粘土やコラージュなどで好きな物を作ったり、絵を描いたりすることで、自分を表現し、見つめ解放し、自分自身を知ることができます。

詳しくはこちら


チャイルドセラピー

個人カウンセリング グループカウンセリング

子どもたちは心を言葉ではうまく表現できません。そんな子どもたちのためにお絵かきや粘土あそびを通じておこなう「アートセラピー」、お歌や音遊びをとりいれた「音楽セラピー」、遊びを通じて心をほぐす「プレイセラピー」などがあります。お子様の個性にあわせて選びます。

詳しくはこちら

チャイルド・タッチセラピー

個人カウンセリング グループカウンセリング

生後2週間以上~小学校低学年が対象です。ベビーマッサージと同様の手技に、ふれあい遊びや言葉かけなど心理学をとりいれたのがチャイルド・タッチセラピーです。あたたかなスキンシップで子どもたちの心身の健康を育みます。

詳しくはこちら



▲ページトップへ